安価なBMXと高価なBMXの違い?

posted in: BMX, NEWS | 0

こんにちは

暖かい春が待どうしいleaderです。

今回は個人的に気になっていた事を書いて行こうと思います。

BMXフリースタイルがオリンピック種目に決まり色々な場所で露出が増えてきました、そのためか通販サイトなどでもとても手軽な価格で購入できるBMXが増えて来ております。

この手軽な価格のBMXと海外などから取り入れて私たちが発信するブランドBMXと何がどう違うのか?

そこをleaderがわかる範囲で説明して行こうと思います!!

まずは..

20インチBMX価格の違い!?

通販サイトで安価なBMXを探すと2万円前半位からありますね。

ちなみにBMXブランド(SUBROSA)一番安い入門モデルはAltus(アルタス)で5.1万円です。(写真下)

価格の違いは主に素材やパーツ構成ですね、まずメイン素材がスチール・ハイテンスチール・クロモリとあります。

まれにアルミニウムもありますがBMXではレース用が多いですかね。

スチールは鉄、一般鋼材 低価格な自転車に用いられる。サビに弱い、重い、ママチャリと一緒な素材です。

ハイテンスチールはハイテンション鋼(高張力鋼)一般鋼材より強度を上げた素材の総称。一般スポーツ車に多く使われる事が多いです。スチールよりは微妙に軽くて丈夫かな。

クロモリはクロムモリブデン鋼、鉄にクロムとモリブデンが添加されたもの。スポーツ自転車フレームの代表的な素材で、4130材が有名。スチールとハイテンには敵わない強度としなりのバランスが良い、BMXと言ったら4130クロモリです!!

※素材に関してはどれも普通に乗れますので初心者は気にしなくてもいいと思います。

しかし!! 毎日ジャンプや回転系の技を練習すると上記の差は大きく出て来ます、数ヶ月でフレームやフォーク、ハンドルバーなどが歪んだり、酷いと折れたりとの報告もあります。

その事など考えるとやはりやや高価でもフルクロモリの完成車などを選ぶ方が長く乗れてコスパにつながると私は思います。

また、付いているパーツの違いで価格も変わる…

付いているパーツ構成が安価な物はほとんど使い物になりません、ハブは転がらない、ステムのクランプ力は弱い、リムはすぐ曲がる、その他…

もし交換したり治したりして行くと間違いなくブランドBMXがすぐ買えてしまう金額になってしまいます。

やはりある程度本格的に考えられたパーツを使用したBMXを選ぶ事が重要です。

YouTubeで海外のBMXライダーがスーパーで売っているBMXがどれくらい使えるか?をネタにしてる動画が有った気がします、よかったら探してみてください。

 

続きまして..

見た目!?

BMXを始めようかな?って思う方は一見すると何が違うの?ってなると思います。

通販サイトなどの安価なBMXと下の写真を見比べてみましょう。

下の写真はSUBROSAの人気NO.1 Salvador(サルバドール)です、この完成車は6.9万円になります。

使用されているパーツもほとんどが単品売りされているようなパーツです、やはりこのくらいの価格帯がキーになります。

通販サイトのBMXの写真を見て気になる箇所を簡単にまとめてみます!!

通販サイトの安価なBMX写真と上の写真と見比べながら読んでもらうと面白いかもです。

それでは..

フレーム=パイプの太さが太い、車輪を固定する部分(エンド)が大きい、変な補強が入っている(重そうですね、BMXはバランスが大事です)

ハンドル=大きさが車体に合っていない(小さいなって思う物が多いですね、写真見るとBMXをわかっていないのか取り付け角度もなんだかおかしい気がします)

フォーク=パイプの太さが一定(簡単に言うと昔っぽい、最近の主流は下に行くにつれて細くなるテーパードが主流)

ホィール=無駄にスポークの本数が多い(最近は36本、昔は48や32がありました)

シート=BMX用サドルでは無い(お尻には優しそうですがママチャリっぽいです)

ブレーキ=Vブレーキ/ディスクブレーキが付いている(Vブレーキはスポーツ車や子供の自転車についている事が多いです、BMXの基本はUブレーキです)

ギア=フリーゴグが付いている(フリーコグは一般車(ママチャリ)などに多く使われています、BMXの主流はカセットゴグでフロント25Tリア9Tが主流です)

まだまだ伝えきれないほど気になる箇所はありますがキリがないです。

ちなみにleaderはこの手のBMXをBMXタイプ..と位置付けています。

※もちろん街乗りやBMXルックを楽しみたい方にはとても良いと思います!!ここ大事です。

でも決してパークやストリートライドをしないで下さい、leaderは怖くて乗れません。

 

最後に

BMXは移動できる自転車と言う部分でも有りますがスケートボードの様に遊ぶ道具でもあります、またスポーツとしても普及してきています。

遊ぶ、スポーツをすると言う上で本当に楽しむのであれば良い道具、安全に使える道具は大事だと思います。

BMXを初めてみたいと思ったらやはりBMXの事がわかるお店で色々聞いて予算とスペックのバランスの取れたBMXを選ぶ事をお勧めします。

以前の記事でBMXの選び方、など有りますので購入前に一度見てみてはいかがでしょうか?

ジック・ジャパンのBMXはこちらから確認購入いただけます。

オンラインストア=https://jykkjapan.com/products/

 

 

※今回の記事はleaderが思う個人的主観によるものです※