アグレッシブイングリッシュマン

posted in: BMX, Federal, NEWS, RIDER | 0

まさです。

昔からとりわけイギリスに惹かれます。

理由として単純なもので言えばまず、イギリス英語です。

基本的にアメリカで話されている英語とは発音がまるで違い、同じ意味でも単語が違ったりスペルも微妙に違ったり、表現の方法などなど。

常に曇っててジメジメした空気感に、苔の生えたレンガの地面、時代を感じる古い建物も陰キャラの僕にはピッタリです。

色々理由はありますが、イギリスに強く興味を持ったのはBMXもまた理由の一つです。

好きなライダーの一人にDan LaceyというFEDERALのライダーがいます、といっても看板ライダーですし世界的に有名なライダーなので皆知ってるとは思いますが。

言うまでもなく彼はイギリスのライダーですが、ロンドンより南のライ出身で、やはりロンドンとはまた違った話し方をします。

いい意味で、少し不良っぽいラフで尖った話し方をします。

あのハスキーボイスに加えて誰の前でも気取らず、言いたいことを言っちゃうあの感じにもまた惹かれるんですよね〜。

英語苦手!という方も何言ってるか分からない英語のヒップホップだと思って聴いてみてください。

 


 


ライダーを好きになる理由なんてライディングだけじゃ面白くなくて、僕的にLaceyで言えば喋り方、顔、体型、服装、バックボーン、バイクセッティング、メディアで見てて想像できる限りの性格など、その人の個性を知ればもっと面白いし、BMXだけに限らず色々なことに興味をもてたりします。
逆にライディングきっかけじゃなく、会って話してみたらめっちゃ良い奴だった!とか、考え方が好きとか理由なんかなんでもいいです。

旅行なんかしばらく出来ないと思いますが是非、イギリスも行きたい国リストに載せてもらってあのどんよりした暗い雰囲気を味わってもらいたいです。
意外と良いもんですよ。

飯だって不味くないし。