First week in London.

posted in: BMX, NEWS, RIDER | 0

倉庫スタッフのまさです。

BMXを持ってイギリスにいってました。

1ヶ月遊びっぱなしの旅だったので、少しずつ投稿していこうかと思います。

そもそもイギリスが好きというのもあり、早く遊びにいきたかったのですがコロナでそれも難しく、タイミングがありませんでした。

が、今回お金の都合もよく、英国首相さんがパーティー好きというのもあり、あちらの水際対策が大幅に緩まったことでワクチンなし、陰性証明書なしでサラッと入国しちゃいました。

向こうのコロナ事情とか気になる人も多いと思いますが、まずマスクは必要ありません。

日本では120%の人がマスクを1日中つけていますが、イギリスではマスクしている人を見ると、「お、マスクしてる」と思ったり、不思議がられるまであります。

ワクチンの接種状況も日本とあまり差はないと思いますが、ここまでマスクの着用率が違うのには驚きです。

もともと体に合わないのもありますが、全くマスクをしないで生活できたのはずいぶんと楽でした。

また、お互いの顔を見ながら会話できるのも普通のはずですが、やはりいいなぁと感じました。

現在は燃料価格の高騰?とかタイミングも相まってかなり航空券は値を張りますが、コロナで海外にいけないというのはイギリスorヨーロッパであれば心配ないですので、お金に余裕のある方は是非いってみてください。

今しか感じられないものもあるかと思います。

 

さてまずヒースローをでて、以前東京で仲良くなった友達が仮免状態の運転で迎えにきてくれて、4年ぶりとはいえ感動の再会でした。

荷物を置いてとりあえず紅茶。立派な庭でタバコを吸いながら懐かしい話に時差ボケもあいまって、頭がぽわわぁ〜んと、何も言葉がでませんみたいな感動にしばらくつつまれてました。

 

たまたま家族が全員揃ってた日で、みんなに挨拶して夕飯をご馳走になったり、BMXを組んだりでとりあえずは就寝。

部屋が余ってるってのも凄い話ですが、しばらくここにお世話になることになります。

 

2日目からは近所のカフェで朝ご飯食べたり、ローカルのスケートパーク行ってインスタでしか繋がってなかったみんなと会ったり、ロンドンの中心の方へ乗り行ったり、とにかくイギリス、BMXざんまいという感じで幸せな旅でした。

 

実はイギリスでは、僕のライディングにちょいちょい人気があるみたいで結構嬉しいんですが、グラインドするたびにフォ〜みたいな感じでテンション高〜(汗)っていうのと何か期待されてるなと思い、

ちょうどいい感じのセットアップがあったので、さらに4フォ〜いただいてきました。

これがまたペグの接地面が角張ってる上にステンレスで、鉄ペグとは最悪の相性(全くといっていいほど滑らない)なのですが、100mくらい助走つけて鬼漕ぎでズバ〜っと、滑らないものを滑らせる勢いで通り抜けたあの感覚は最高でした。

目の前の桟橋でUberボート待ちの人達からも拍手いただいたり、おばちゃんからもスマホで撮影した映像みせて〜みたいな感じで、

気持ちよく僕らもそのあとUberボート乗って帰りました。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

masa(@grindshiteeee)がシェアした投稿

 

ここまでが最初の1週間ほどで、次はDUB JAMが行われる予定のブリストルに友達と行ってきます。

 

ではまた〜。