[FEDERAL]Joe Jarvis Welcome to PRO.

posted in: Federal, NEWS, RIDER | 0

Joe Jarvis がFederal Bikesのプロへ昇格

スタッフのまさです。

Joe JarvisがFederal Bikesのプロに昇格し、シグネチャーフレームと映像をリリースしたので、紹介します。

英国の田舎町、Northwichのパークで練習してる時からファンなんですが、会いたくてあいたくて実は会いにいったことがあります。映像も撮らせてもらって、渋谷ローカルの昔の映像にさりげなくJoeがでてるんですよね。余談ですけど。

最近のFederalといえば、Dan Laceyをはじめ、Bruno HoffmannAnthony Perrinが看板ライダーという印象が強いと思いますが、次の世代は確実にJoeが背負っていくでしょう。

身長が190くらいあるのかな、とにかく手脚が長いので、ウィップとかX-UPグラインドが映えますね。

英国仕込みのレールトリック、特にプレデター(かけ替え)なんかも「お〜、おお〜、おおお〜!」という具合に毎回おどろかせてくれます。
(レールが腐るほど生えているので、基本的にイギリスのストリートライダーはレールが上手い、みたいな風潮があります。)

 

 

FTS DVDのパート以来、大幅に進化していました。

迷彩柄のピチピチパンツとピンクタイヤを卒業したのと、テールウィップのクオリティが上がっていたことでしょうか。

特に自分のフレームに乗ってる時のカットは自信ありげで、プロ感あっていいですね。

とはいえ、自分のフレームが出る前に長いこと愛用してたBrunoフレームとスペックは変わらないですけどね。笑

Brunoフレームは興味あるけどトップチューブが少し長くて乗れないかも、と引きずっているそこのアナタに朗報です。

Jarvisフレームは TT20.6″を限定1本 入荷しております。

他のブランドや流行にながされず、乗りたい乗りやすいスペックを追い求めているFederalのフレームらしくていいですね。

世界大会なども徐々に実施の方向へ動いているみたいなので、Joeの動きにも期待大!