Federalパーツテストしてきました。マサ。

posted in: BMX, Federal, NEWS, RIDER | 0

皆さんお疲れ様です。

寒くなったり雨が続いたり、乗れない日が続いてると思いますが、そんな時こそパーツチェンジフレーム載せ替えに向けて色々考えてみてはいかがでしょうか。

 

今回テストしてきたのは、こちら↓

艶のある肉厚パターンがカッキー!

Federalbikes Response Tyre 20×2.35″/Black

数年前から肉厚のスリックタイヤとか流行り出しましたけど、何か抵抗があってずっと使って来なかったのですが

今回、勇気を出して使ってみました。

肉厚タイヤに抵抗があったのはまず、重そう、そもそも柔らかいのが苦手(個人的に空気圧低い目で乗るし)って

なんとなくの理由だったんですが、840gと確かに重い!

でも、重いのって何でダメなんでしょう?

以前はできれば軽いものがいいとパーツを選んでいましたが、理由としては重いと飛ぶのに疲れるからってイメージですよね。

パーツ選びに寛容性を持ってみようと重さを気にせず色々使ってみたら発見がいくつか。

そもそも重いってことはその分強い!(単純)

両端の重量で回転系に遠心力が使えたり!

重量感のある着地がとにかくカッコいい!

結構単純な理由ではありますが、使ってみると意外に良いもんですよ。

フェイキーの切り返し時の地面と擦れるギュピ!って音が好きな人は安心してください。

グリップ力がかなり強いので、鳴きます!!!

肉厚にする事で、空気圧高く入れる方でも着地がいつもより手首に優しいのと、柔らかさのその反動のおかげでいつもより効率よく動きに力が入ったり、クイックに動けたり重さの割に肉厚が助けてくれてる感、あります。

さらに、パンクに関してもワンクッション置いてくれるので多少確率は減ると思います。

 

皆さんも是非、重量感のあるパーツを受け入れる寛容性を持ってパーツ選びしてみてはいかがでしょうか〜。

発見、できますよ。

気になる方はコチラから〜。

 

最後までご拝読ありがとうございました。

マサ。