Pelago BICYCLES(ペラゴ・バイシクルズ)は、2009年にグラフィックデザイナーの経歴のある Mikko (ミッコ)とTimo(ティモ)のHyppönen(ヒッポネン)兄弟を中心に北欧フィンランドのヘルシンキで立ち上げられた自転車ブランドです。

Pelago(ペラゴ)のルーツはヘルシンキ中心地の舗装された道路。総勢15名のスタッフでエンジニアリング、デザイン、組み立て、セールスから倉庫作業やカスタマーサービスに至るまで、すべての業務を賄い、日常使いに、またアクティブなサイクリングに適した信頼に値する確かな自転車を「目的・用途に応じて」産み出しています。

そもそもは自分達が乗りたいと思う自転車が見当たらなかったことからスタートしたPelago、発祥はストリートながら、そのプロダクトを通じて、今やアーバンなカルチャーに欠かすことのできないサイクリングに貢献したいと強く願っています。そしてサイクリングにかける情熱は、この喜びと楽しさを伝えたい、広げたいという一心で。

Pelagoという名は、本拠地である母国フィンランドで最も優れた景勝地のひとつとされる ”archipelago (アーキペラゴ/群島、島々の意)” を縮めたもの。そこに漂う厳かで神聖な空気と自然ならではの飾り気のない美しさには、つい心穏やかになります。現代の都市部では交通渋滞など当たり前ですが、そこに吹き抜ける新鮮なそよ風がPelagoです。そして周りを取り巻く古めかしい街並みを眺めては、そうした環境を価値あるものとして認めて維持すべく、しっかり機能的な道具を創造しなくてはいけないと想い至ったのだとか。そのためには頑強で実用的、なおかつ美しいものをとー。

長年に渡って、日本ではフィンランドをはじめとした北欧のデザイン、暮らし、そして文化が自然と受け入れられる土壌があります。丈夫で実用的、かつ美しいPelagoの自転車は、日本でも自分が自分らしくあることを誇りに思える自転車として受け入れられることでしょう。オプションでどんな車種にも装着可能な多種多様なフロントラック、パーツやフレーム、その他多くのアクセサリーやオリジナルアパレルもPelagoの魅力的なコミュニケーションツールの一つです。

 

製品情報はこちら オフィシャルサイトはこちら Facebook

 

pelago_image2